LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

あなたにとって最適なレッスン形態をご用意しています!

ラブリコで防音の間仕切り壁をDIY レッスンスタジオ

約 3 分

音楽教室のスタジオが一つでは足りなくなってきたのでもう一つレッスンができるスペースを作ることにしました。待合室のスペースに壁を作りそこにレッスンできるスペースを作るという計画です。ロックウール

もともとここにパーテーションを立ててDTMレッスンを行っていましたが他コースもレッスン可能なように防音も施した壁を作ります。

ここで活躍してくれたアイテムがLABRICO(ラブリコ)と言う柱をつっぱるものです。

ラブリコ類似品でディアウォールという商品があります。
ラブリコとディアウォールの違いは、バネの力で突っ張るのがディアウォール、ネジで締め込んで突っ張るのがラブリコです。ラブリコの方がディアウォールと比べバネで締めていく構造になっているので、よりしっかり固定できます。今回は壁を作りそこに吸音材を挟んだりというものでしたのでよりしっかり固定できるラブリコを選びました。

中身はこんな感じ。
ラブリコ

 

 

 

これに2×4(ツーバイフォー)材を差し込んで柱を立てます。
柱は3本立ててそこにベニア板を貼ります。

2×4材
2×4材を適切な長さにカットします。

つっぱり柱

柱はこんな感じで立てました。

そこにベニア板を貼り付けます。

DIY壁になってきました!

柱と柱の間にロックウールを入れていきます。

ロックウール

 

それを板でしっかり固定しました。

吸音材

防音壁

ロックウールを貼り付けた側にも板を貼り付けることも考えたのですが吸音効果が損なわれるということでそこにおしゃれな布で目隠しをしようと思います。
今回、布は用意していなかったのでこの日の作業はここまで!

試しにギターを弾いて外から聴いてみましたが壁を作る前より確実に音は軽減さえれました!

About The Author

LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL(ライトギターミュージックスクール)代表・ギター講師松尾領一郎
これまで、多くのバンド活動・サポート活動・作詞・作曲・レコーディング・メジャー流通のアーティストへの楽曲提供・演奏活動・CM曲・プロモーションを行ってきました。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)