LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

あなたにとって最適なレッスン形態をご用意しています!

ギターアンプのプリアンプとパワーアンプって違いは何ですか?

約 2 分

アンプの話でプリアンプとパワーアンプについての質問を良く受けます。

ギターアンプにはプリアンプとパワーアンプ両方が搭載されていて、役割がそれぞれ違います。

《プリアンプ》
高中低の各帯域のイコライジングや音量バランスを調整しる機能をもっています。
エレキギターに関して言うと歪みの調整もこれに当たります。

《パワーアンプ》
プリアンプで作った信号の音をスピーカーから音が出せるくらいまで増幅させる機能を持ちます。

まとめると・・・
「プリアンプで音を作り、その音をパワーアンプで増幅して聴けるようにする。」
といった感じです。

ただし、注意してほしいのがパワーアンプはただ音を増幅するだけだから何でもいいと言うわけでもありません。

なぜかと言うと、パワーアンプびおいてもサチュレーションと呼ばれているパワー部独自の歪みが若干かかります。また、トーンやサウンド面においても微妙に影響があるのです。

ギターアンプの場合は最初から決まったパワーアンプとプリアンプの2つが搭載されているのですが、それぞれが独立して販売されている製品もあります。
ですので、この組み合わせによってより幅広いサウンドメイキングが可能になります。

また、ヘッドアンプとプリアンプorパワーアンプを組み合わせて使用することも可能なんです。
この場合、ギターアンプにセンドリターン端子が付いていることが条件になります。

例えば、ラック式のプリアンプをヘッドアンプのリターン端子に接続するとラック式プリアンプで音つくりをしてヘッドアンプのパワーアンプのみを使用し、音を増幅させることができるのです。

また、ヘッドアンプのセンド端子からパワーアンプに接続すればヘッドアンプ内にあるプリアンプで作った音を外部のパワーアンプで増幅させて音を出すことも可能なんです。

About The Author

LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL(ライトギターミュージックスクール)代表・ギター講師松尾領一郎
これまで、多くのバンド活動・サポート活動・作詞・作曲・レコーディング・メジャー流通のアーティストへの楽曲提供・演奏活動・CM曲・プロモーションを行ってきました。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)