LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

福岡LGMS音楽教室

ミクソリディアンスケール フィンガリングパターンとアボイド Mixolydian Scale guitar lesson

約 2 分

ダイアトニックスケールの一つ

《ミクソリディアンスケール》のフィンガリングパターンを紹介します。

Mixolydian Scale guitar lesson

タブ譜はこちら
↓ ↓ ↓
ミクソリディアン・スケール・タブ譜

 

【KEYがCの場合】

■構成音⇒ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ

■ダイアトニックコード⇒Gメジャー

■コードトーン⇒ソ・シ・レ・ファ

■アボイド⇒ド

※アボイドとは、キーがCでGメジャーコード上では弾かないほうが良い音です。しかし、絶対に弾いてはいけないわけでなく、基本的に8分音符以内で経過音的な使用方法であれば弾いても良いという感じです。

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)