福岡LGMS音楽教室【LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL】

福岡音楽教室【ギター・ボーカル・ベース・ドラム・DTM・ウクレレ・ピアノ・フルート】

No Logic/巡音ルナ ギターカッティング弾き方を詳しく解説【TAB譜あり】

約3分

No Logic/巡音ルナ ギターカッティング弾き方を詳しく解説【TAB譜あり】

福岡LGMS音楽教室【LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL】ギター講師の松尾領一郎です!
今回はボカロ曲、巡音ルナの「No Logic」のイントロのギターカッティングフレーズをTAB譜・コード連動で詳しく解説しています。切れのあるカッティングフレーズとなっており、おすすめのカッティングギター練習曲です!
nologicギター

ギターレッスン無料動画

レッスン動画が見放題YOUTUBEチャンネル!!
福岡ギター教室

福岡ギター教室 LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

福岡にお住いの方は是非、音楽教室LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOLの無料体験レッスンをお試しください!!

No Logic/巡音ルナTAB譜

巡音ルナ ギター

オンラインギター無料体験レッスン実施中

Skype・Zoomを使って自宅で気軽にギターレッスンが受講できます!忙しい方・近くに音楽教室がない方・自宅でギターを習いたい方におすすめです!

No Logic/巡音ルナ ギターカッティング弾き方のコツ

16分音符のカッティングフレーズです。まず4つのコード進行を把握し、それぞれのコードを展開させたコードフォームになっていることを理解しましょう。弾き方に関してはブラッシングと実音のメリハリをしっかり引き分けて弾きましょう。またこういった切れのあるカッティングミュートの場合、ミュートが非常に大切になります。今回解説動画ではクラシックスタイルで演奏しています。ミュートは全体を通して人差し指を上手く使い行いましょう。6弦は最初のF#m7のコード以外はミュートがクラシックスタイルだと物理的にできませんので右手のストロークを上手くコントロールすることで6弦をならなくすることができます。1つめが右手のストロークで弦に当てる角度を真上からではなく斜めに入れる感覚で行うと6弦を回避できます。また右手を6弦に軽く触れさせた状態でこのフレーズを弾くことも可能です。この場合、右手の振り幅が少し小さくなるのがデメリットにはなります。

No Logic/巡音ルナ ギターカッティング弾き方を詳しく解説【TAB譜あり】

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)