LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

福岡LGMS音楽教室

カッティング(ブラッシング)をキレ良く弾く練習方法/ギター初心者レッスン

約 2 分

カッティングは左手でミュートを行いながら音を切り、パーカッシブなサウンドで演奏する奏法です。
ファンクやロックの歯切れの良いギターサウンドはこれを取り入れています。

ここで取り上げていのはバレーコードでのカッティングです。
バレーコードは開放弦を使うローコードと比べると、全ての弦を押弦するので瞬間的なミュートはやりやすいのでカッティング時には便利なコードフォームです。

ミュートの際は、押弦している弦を浮かせます。
この時に弦から指を離してしまうと音が鳴ってしまうので軽く触れた触れた状態を維持しましょう。
逆に鳴らしたらいけないと意識しすぎて力んで押さえつけて押さえつけてもいけません。

この状態でピッキングをするとチャカチャカという音がでます。
これをブラッシングをいいます。このブラッシングを交えたカッティングをマスターしましょう!

2015-04-03_03h19_08

2015-04-03_02h18_54

2015-04-03_02h31_45

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)