LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

福岡LGMS音楽教室

スライド奏法の弾き方とコツ(パワーコード)練習方法/ギター初心者レッスン

約 2 分

スライドは弦を押さえて音を鳴らし、指を押さえたまま指板上で滑らせます。

それにより、音程を変えるテクニックです。

この奏法は指を指板上を縦横無尽に滑らせて移動できるので高い音程にも低い音程にも変えることができます。

また、広い音域での移動も可能なのでフレーズにダイナミクスを与えることができます!

2015-04-09_21h04_17

 

 

 

 

 

2015-04-09_22h04_06

 

 

スライドのポイントは人差し指の付け根をネックに安定させることが重要。

スライド時の親指の位置は近い音域への移動の場合は、固定して親指は動かしません。

逆に長いポジション移動を必要とするスライドの場合はネックを握っているフォームを変えずにそのままの形で移動しましょう。

 

そして、目線は、自分の押さえている指ではなく、移動先の到達点のフレットにします。

そうすることで、スライドの着地ポジションのミスをなくすことができます!

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)