LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

福岡LGMS音楽教室

The Days Of Wine And Roses(酒とバラの日々)ギターアドリブ例【TAB譜】

約4分
ギター講師の松尾領一郎です!
JAZZ STANDARD曲の「The Day Of Wine And Roses(酒とバラの日々)」通称酒バラのアドリブフレーズ例をワンコーラス分TAB譜連動で詳しく解説しています!
福岡ギター教室

福岡ギター教室 LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

福岡にお住いの方は是非、音楽教室LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOLの無料体験レッスンをお試しください!!
skypeギター教室

ギターレッスン無料動画

レッスン動画が見放題YOUTUBEチャンネル!!

ギターTAB譜・コード譜

福岡オンラインギター教室

絶対に役に立つ完全無料ギター講座

今なら「究極のスケール完全マスター大辞典」プレゼント!!

演奏ポイント

ジャズらしいフレージングをするためにはまずはコード進行を意識したアドリブをすることです。なのでコードトーンを全体的に意識すると良いでしょう。その上でスケールやテンションノートという考え方でフレージングしましょう。この曲はKeyがFなのでスケールでいえばFメジャースケールが使えますがもちろんFのKEYのダイヤトニックコード以外のコードがでてくるのでFメジャスケール1発では演奏できません。例えば2小節目のE♭7はFメジャースケールは使用できません。ここではE♭リディアン♭7thがはまります。このスケールはAオルタードスケールと同じ構成音になっていますのでAオルタードスケールと頭の中で切替えて演奏すると良いでしょう。ただしあくまでコードはE♭7なのでその点は意識してフレージングすることも必要です。曲の中でメジャー系とマイナー系のツーファイブワンがでてきます。また28小節目のB♭7はE7の裏コードなのでここもAm7に解決しようとしているツーファイブワンという認識で演奏できます。

ギターオンラインskype・zoomレッスン

オンラインギター無料体験レッスン実施中

Skype・Zoomを使って自宅で気軽にギターレッスンが受講できます!忙しい方・近くに音楽教室がない方・自宅でギターを習いたい方におすすめです!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)