LIGHT GUITAR MUSIC SCHOOL

福岡LGMS音楽教室

ギターの正しいフォームと弾き方

約 2 分

フォーム
ギターの構え方・フォームは音楽ジャンルによっても様々ありますが、

初心者の方は、最初は基本のフォームで弾くようにしましょう。

最初から、無理のあるフォームで弾いていると、変な癖がついてしまい、ギター上達の妨げになります。

 

立って弾く場合

立って弾く場合、ギターの高さは自分の腹あたりにギターがくるようにしましょう。

たまに極端にギターを下げて弾くスタイルもありますが、かなり弾きにくくなります。

見た目は、ドッシリ構えた感じでかっこいいのですが、ギターを上達していく上で無駄な労力がかかってしまいますし、体に負担がかかって体が歪んでしまいます。

健康面でもあまりよろしくないので、最初は基本の高さにしておきましょう。

そして、ネックは上がりすぎたり、下がりすぎたりしないように斜め45°くらいにしましょう。

 

座って弾く場合

まずは肩の力はむきましょう。そして、ギターは自分の体に引き寄せて右足の上にのせます。

その時に、注意して欲しいのが前のめりになりすぎたり、上向きにならないように姿勢をただしまよう。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)